ペキニーズと共にゆるりと暮らしたい♪

ペキニーズ3わんと共に時間を気にせず周りを気にせず、自分らしくゆるりと暮らしたいと願う主婦です。最近独学で始めたパッチワークキルトに嵌っています。穏やかに、優しい気持ちで過ごせる一時を楽しんでいます。

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

悲しいのは飼い主だけではなかった。

櫂君がお空に召された翌日(6月1日)から寧々たんが食事を口にしなくなりました。

舞ちゃん、櫂君と続けざまに体調を崩していたので、とても心配しましたが、
よく、よく観察していると、体調が悪い様ではなく、
飼い主の言葉にはテキパキと行動も今まで通り。

これは体調では無いな。と判断したので
寧々たんの大好きなブル足をぴーぴー鳴らして投げてあげました。
すると、ブル足の元に走って行き・・・・
その後、櫂君の姿を探す様に周りを見ていました。



IMG_3229.jpg



寧々たん、ブル足君をこっちに持って来て!
と、言うとつまらなそうな顔をして、


寧々:兄たんが居ないでしゅ!どこにも居ないでしゅ!
IMG_3228.jpg


と、訴える様に私の顔を見るのでした。

寧々たんは櫂君とは双子で生まれた兄、妹なので生まれてからずっと、
何をするにも一緒。何処に行くにも一緒。何時もふたりくっついて・・・
兄妹である以上に良きライバルであり、良き遊び友達であり、
良き喧嘩友達でも有ったので、とっても、とっても寂しかったのでしょう。

それを察してから、一日に何度も寧々たんと遊びました。
遊んであげるととても喜んで遊ぶのですが、
食事を目の前に置くと、食べたそうな様子はみせるものの、
丸々三日間食べませんでした。
四日目の朝になり、やっぱり自分では食べないので
茹で野菜を一つ、茹でささみを一つと、
一つ一つ寧々たんのお口に運んであげると食べ始めたのです。

そしてお昼にも、手で一つ一つ食べさせました。
晩ご飯の時には始めは一つ一つ手で与え、
途中から自分で食べる様、促し、ついに自分で食べ始めました。
良かった♪もうきっと大丈夫。
その予想通り、
五日目の昨日からは以前の様に食いしん坊な寧々たんが復活しました。

わんこも人間同様、愛しきものを失った時、
ご飯も喉を通さない程の深い悲しみに襲われるのですね。

言葉を交わすことの出来ない彼等の思いを
もっともっと分かってあげられる飼い主で有りたい。と思った瞬間でした。


ランキングに参加しています。ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

| ペキニーズ | 21:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |