ペキニーズと共にゆるりと暮らしたい♪

ペキニーズ3わんと共に時間を気にせず周りを気にせず、自分らしくゆるりと暮らしたいと願う主婦です。最近独学で始めたパッチワークキルトに嵌っています。穏やかに、優しい気持ちで過ごせる一時を楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高遠が桜色に染まる時。

「美食巡り」の野外講座で4月20日(水)、
長野県伊那市高遠町の「高遠さくらホテル」に行って来ました。(^○^)/


2011-04-20-1.jpg

ランチはフレンチの美味しいランチコースを頂き、
食後の散策に出かけました。

ホテル敷地内にはカタクリの群生。
満開の桜に負けじと咲き誇っていましたよ。(●´艸`)

私、可憐な花を咲かせるカタクリの花が大好きです。
花が終わり、暫くすると葉を失い、翌年の春まで又深い眠りに着く・・・
一年の内、ほんの一時の自己主張。しかもうつむき加減につつましく。
因みに花言葉は「初恋」「嫉妬」「情熱」ですって!(❤ฺ→艸←)


2011-04-20-2.jpg

さてさて、この日、第二の目的である高遠城址公園に向かいました。
ホテルから歩いて10分位で白山橋に・・・
白山橋から望む高遠城址公園の桜は正に見頃の満開♪

2011-04-20-3.jpg


白山橋を渡り、先ずは桜まつりの期間中のみ公開される
江島囲み屋敷を見学しました。

入り口には・・・
2011-04-20-4.jpg


 物語まぼろしなりし
      わが江島
 墓よやかたよ
   今うつつな里

  十月亭(有島生馬)

の碑がありました。


玄関にて・・・
2011-04-20-5.jpg

江島囲み屋敷の間取り図を見て、
2011-04-20-6.jpg江島の部屋が八畳で
廊下にはハメコロシの
格子戸が嵌められ、
隣室は番人詰め所。

月光院の名代で前将軍
家宣の霊屋へ参詣の帰途、
芝居見物し、
刻限に遅れた事で罪に
問われたのだそうだが・・・

結局は勢力争い陰謀の
生贄になり、
死罪にすると脅かされ、
その後、高遠藩遠島(幽閉)に
なったのですね。


当時30代の江島が
61歳で病死するまで
この囲み屋敷で幽閉の生活を
送ったのです。


申し渡しには何とも細かい事が一部始終指示されていますね。

2011-04-20-7.jpg

当時の江島の心中を思うとちょっと暗い気持ちにもなりますが・・・
高遠の町は桜真っ盛り♪
町が桜色に染まっています。\(@^0^@)/


2011-04-20-8.jpg

城址公園内に入るまでも無く、桜、サクラ・さくらです♪

公園入場は止め、信州高遠美術館に入る事にしました。


2011-04-20-9.jpg

入館するとロビーの向こうには広い大きなガラスの壁を通して一面の桜。
その向こうに高遠湖。
その又向こうに緑の山々。
その又向こうには真っ白なアルプスが見えました。
気持ちの良い空間が広がっていました。(人´∀`).☆.。.:*・


2011-04-20-10.jpg

展示画を観て、展示室の向こうに出たら、
桜と町並みと山々が見えました。


2011-04-20-11.jpg

そしてロビーに戻る回廊には高遠公園の桜の写真の展示。


2011-04-20-12.jpg

再びロビーに戻り、壁に掲げられた大きな画を見たら、それは・・・
平山郁夫画伯の「大仏開眼供養記図」


2011-04-20-13.jpg


美術館を出て、桜を楽しみつつ、
高遠湖向こう岸のさくらホテルに戻ります。
遠く、アルプスの山々が白く輝いていました。


2011-04-20-14.jpg

白山橋からダムの放水とアルプスと・・・
全部を撮った筈なのですが、真っ白なアルプスは白い雲と一体化して
分かりませんねぇ。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


2011-04-20-15.jpg


スポンサーサイト

| お出かけ | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fumisumika.blog99.fc2.com/tb.php/262-4fc9ce2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT