ペキニーズと共にゆるりと暮らしたい♪

ペキニーズ3わんと共に時間を気にせず周りを気にせず、自分らしくゆるりと暮らしたいと願う主婦です。最近独学で始めたパッチワークキルトに嵌っています。穏やかに、優しい気持ちで過ごせる一時を楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

百年民家「黒釜」のランチと信楽陶芸村

先月はお休みしちゃった「美食巡り」の野外講座に
今月は28日(水)に行ってきました。(*^-^*)/


行き先は滋賀県野洲市にある
近江牛れすとら ん百年民家の「黒釜」さんです。


2011-09-28-1.jpg

池に面したテラス席も有ります。

2011-09-28-1b.jpg

玄関を入ると、店名に由来する大きな黒いかまど有り、
驚かされます。(写真は撮り忘れました。^^;)

築100年の 農家であった古民家は、明治を思わせる造りが趣きがあり、
ほっと心休まる空間でのお食事でした。


2011-09-28-2.jpg


お喋りしながら美味しい近江牛のランチを頂いた後は・・・

信楽町に移動。
奥田忠左衛門窯の信楽陶芸村に行きました。

信楽陶芸村では沢山の狸さんがお出迎えです。(ノ∇≦*) キャハッ♪


2011-09-28-3.jpg


こちらの窯で作られている陶製浄水器「百年のしずく」は日本六古窯信楽焼の水瓶と、
イギリスの名門ロイヤルドルトン製のセラミック・フィルターを組み合わせた浄水器で、
信楽焼の落ち着いた色合いと、しずくの滴るかすかな水の音、
そしてロイヤルドルトン製のセラミック・フィルターが塩素を95%以上も
ろ過してくれるので優しい美味しいお水に変えてくれるそうですよ。

↓の写真の岡本太郎さんのポスターの上に有る壷が「百年のしずく」です。
我が講座、受講生の内、6名様がお買い上げした様です。(☆▽☆)


2011-09-28-4.jpg


信楽陶芸村で、私が最も見たかったのが、↓の登り窯です。
ここの登り窯は7つの部屋に分かれていて、信楽で一番大きな窯だそうです。
因みに上り窯は全国何処でも奇数で作られているんだそうです。
偶数は割れるからですって!


2011-09-28-5.jpg

偶数だろうと、奇数だろうと割れる時には割れるんだけどね。
と、付け加える案内人さん。

そりゃそうだ!!((●≧艸≦)プププッ




スポンサーサイト

| お出かけ | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fumisumika.blog99.fc2.com/tb.php/330-0e2cf7e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT