ペキニーズと共にゆるりと暮らしたい♪

ペキニーズ3わんと共に時間を気にせず周りを気にせず、自分らしくゆるりと暮らしたいと願う主婦です。最近独学で始めたパッチワークキルトに嵌っています。穏やかに、優しい気持ちで過ごせる一時を楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花換えの小道と水仙の小道。

1月12日(木)、今年初の四季の花を尋ねる野外講座で
福井県に行ってきました。

まづは初詣を兼ね、敦賀市に在る金崎宮参拝。
金崎宮は境内地の大部分が金ヶ崎城の旧跡で、その重要な史跡の多くは神域内にあり、
昭和九年三月十三日国の史跡に指定されているそうです。


2012-01-12-2.jpg


難関突破と恋の宮として知られ、
明治四十年代、四月上旬には
桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、
桜の小枝を交換することで思いを伝えたという、
ロマンチックなお祭りだったそうですよ。


2012-01-12-3.jpg

現在では、
桜の小枝に想いや願い、幸せを込めて人々がその花を交換する事により
幸せや想いを分かち合い、補い合って、老若男女関係なく
福を願う神事となったそうです。

その小道を散策すると、敦賀の町や・・・


2012-01-12-4.jpg


敦賀湾が一望出来、素晴らしい景色です。


2012-01-12-5.jpg


一年の幸せを願い、金崎宮を後に・・・越前岬へと、向いました。



向うに鳥糞岩を望みながら右に折れ、山を登ったところが水仙ランド。


2012-01-12-6.jpg


山の斜面一面に水仙の花が咲き乱れていました~。


2012-01-12-10.jpg


水仙の小道を香りを楽しみながら登って行くと・・・
眼下にはちょっぴり暗い日本海。


2012-01-12-7.jpg


黒い雲に覆われた空から時折太陽が顔を出し、
空の色も、海の色も変化が激しい日本海を眺めていたら
中学生のころ読んだ中原中也の「北の海」の詩が思い出された。

海にいるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にいるのは、
あれは、浪ばかり。

    曇つた北海の空の下、
    浪はところどころ歯をむいて、
    空を呪つているのです。
    いつはてるとも知れない呪。

          海にいるのは、
          あれは人魚ではないのです。
          海にいるのは、
          あれは、浪ばかり。





スポンサーサイト

| お出かけ | 14:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは★

わぁ~!!
凄い大自然ですね!!!
凄く良い景色・・・
あぁーいつかそんな場所に花ちゃんを連れて行ってあげたいなぁー
って思っちゃいました★

| 花子まま | 2012/01/19 23:27 | URL | ≫ EDIT

Re: 花子まま様

レス遅くなりました。mーーm

日本海の景色は太平洋側とは違った趣がありますね。
水仙ランドではなく、
道すがらの崖に咲く水仙が
一段と愛らしく、素敵でした。

> あぁーいつかそんな場所に花ちゃんを連れて行ってあげたいなぁー
> って思っちゃいました★
わんちゃんも自然の中にいると
とってもテンションが上がりますものね。
花ちゃんもきっと喜びますよ♪(*^o^*)

| fumi | 2012/01/22 19:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fumisumika.blog99.fc2.com/tb.php/375-118c6ceb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT