ペキニーズと共にゆるりと暮らしたい♪

ペキニーズ3わんと共に時間を気にせず周りを気にせず、自分らしくゆるりと暮らしたいと願う主婦です。最近独学で始めたパッチワークキルトに嵌っています。穏やかに、優しい気持ちで過ごせる一時を楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボタニカルアートレッスン、一回目は?

日曜日の午後、
ボタニカルアート教室、第一回目のレッスンに行って来ました。
新規入会会員は、私だけかな?と思っていたら
もう一人女性がいらして、二人だったので、
ちょっと気持ちが楽になりました。


まづは、紙の水張りの仕方。

講師がそれぞれの紙を一枚づつ、水張りして見せてくれ、
その後、各自自分でやって見る。
(結局一人2枚を水張りしたことになります。)

2014-10-09-11.jpg手順
1、紙の裏に水を含ませたハケで
  湿らす。
2、紙を表に返して
  パネルの上におく。
3、周りをテープで止める。

と、簡単な作業ですが、
 ・紙の表面を汚れない様に
  扱いなさい。
 ・テープの取り扱いに
  注意しなさい。
(水分が付くと、
べったりくっ付いちゃうから)

と、くどく注意を受けました。




っで、画材セット購入の中にパネルも1枚含まれていたのですが、
2枚水張りしたので、講師からはベニヤを1枚分けていただきました。

この水張りの紙は、そのまま自宅に持ち帰り、乾かすようにと・・・。

それが終わったら、一応用意していったデッサン対象を見て、
台付き(厚紙)画用紙を先生から分けて頂き、デッサンしました。


私が持っていったのは、「ホトトギス」の鉢植え。

2014-10-09-12.jpg
もう一人の彼女は「無花果」3個、
持って来ました。
すると、
先生:欲張って3個も
    描かないでね。

私:私は1本描けば
  良いでしょうか?
先生:それじゃあ寂しいでしょ。

って・・・

2本にしておきます。



最初は、絵のお手本を見て
練習するのかな?
と思っていたのに、
実際の対象物を見ながらの
デッサンだったので、
絵画初心者の私には難しいです。



デッサンだけ済ませ、
自宅に帰ってから自己流で、ちょっとだけ色付けしてみました。

次回のお教室は2週間後なので、当然お花は枯れ、
様子も変わってしまうので、カメラで細部を撮っておき、
それを見ながらの仕上げになる様です。


スポンサーサイト

| ボタニカルアートレッスン | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fumisumika.blog99.fc2.com/tb.php/767-87b5b056

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT