ペキニーズと共にゆるりと暮らしたい♪

ペキニーズ3わんと共に時間を気にせず周りを気にせず、自分らしくゆるりと暮らしたいと願う主婦です。最近独学で始めたパッチワークキルトに嵌っています。穏やかに、優しい気持ちで過ごせる一時を楽しんでいます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

信州紅葉狩りの旅、三日目・・・海野宿・八ヶ岳ヒュッテ・牧場公園

姉の山小屋に二泊させて貰い、
三日目はちょっとだけ寄り道しながら同じルートで帰ることにしました。


菅平を9時半ごろ出て、1時間ちょっと走って、
一度は訪れてみたかった「信州北国街道 海野宿」に着きました。

海野宿は重要伝統的建造物群保存地区となっていて、
日本の道百選にもはいっているようです。
街道入り口の直ぐ横に市営駐車場が設けられていたので
そこに駐車して街道に向います。

街道入り口には海野一族・真田家の守護神「白鳥神社」がありました。
神社自体は普通な感じでしたが、
境内の御神木と、数本の木の大きさ、太さに吃驚させられました。



2014-11-02-11.jpg



海野宿に着いたのが11時前だったので、観光客の姿はまばらで、
街道を見渡しても人影はありませんでした。

街道は綺麗に整備されていて、道路の片側には用水が流れ、
等間隔に植えられた柳の青葉が太陽に映えて、目に刺さるほど輝いていました。

紅葉狩りの旅、三日間で一番の好天気!
空も真っ青で、柳の緑が本当に綺麗でした。



2014-11-02-12.jpg



海野宿の街並みは江戸時代の旅籠作りの建物と、
明治以降の養蚕盛んな頃に建てられた蚕室造りの建物が調和して、
伝統的な家並みを形成されている様です。
海野宿は約650mの家並みが続き、どの家にも昔の屋号が掲げられていました。
                        (今でも使われているのかな??)

            

繊細な「海野格子」が美しいです。
防火壁の役割を果「うだつ」も私の住む浜松では見ることが出来ません。


2014-11-02-13.jpg



古の時代に思いを馳せながら、海野宿をゆるりと散策しました。

そして、
来た時と同じ道をひたすら走り、行きには時間が無くて寄れなかった
野辺山高原にある「八ヶ岳ヒュッテ」に寄りました。

ヒュッテに通じるこの唐松の並木は何時見ても美しいです。
太陽に映えて、オレンジに輝く並木は、私の心を弾ませてくれます。
”山のあなたの空遠く、幸すむと人の言う・・・”
このカール・ブッセの詩の一節が、いつも心に浮かぶのです。

でも、尋ねていっても幸せは見つからなかったのですよね。

幸せって、探して見つけるものではなく、どんな苦境にあっても、
人と自分を比べないで、妬まないで、自分を大事に
どんな小さなことでも、素敵だな。楽しいな。って、
感動の心を持っていれば、幸せと感じられると思う。



2014-11-02-14.jpg



なんて、そんなことを思いながら車を走らせている内に
八ヶ岳ヒュッテに着きました。


あぁ、やっぱり何時見ても素敵な建物です。



2014-11-02-15.jpg



ここには、我が家の愛犬達も二・三度連れて来た時に、
建物前方横にある、芝生広場が大好きで、喜んで遊んでいたので、
今回も、遊ばせてあげたくて寄ったのですが、
お出掛け三日目とあって疲れていたようで、臭い嗅ぎしているだけで、
少しも遊びませんでした。


10分ほどこの空間を楽しみ、記念写真を撮って・・・



2014-11-02-16.jpg



ランチの為、清里高原の「牧場公園」に行きました。
ランチの後、牧場内をお散歩したらきっと気持も爽やかになるのでしょうが、
わん達がネムネムでお散歩どころではないみたいなので、
少し、雄大な牧場の景色を楽しみ、



2014-11-02-17.jpg



帰途に就きました。

スポンサーサイト

| お出かけ | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fumisumika.blog99.fc2.com/tb.php/775-09bc060c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT